IKEAの花瓶でミニ水槽 ソイルを入れ水を張る

日々のコト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

ソイルを入れ水を張る

前回は、ミニ水槽に必要な器具を説明しました。

IKEAの花瓶でミニ水槽 使用器具
IKEAの花瓶でミニ水槽を作ります。 今回は、使用器具の紹介です。

 

今回は、水中フィルターを置いた水槽の中にソイルを入れ、水を張ります。

 

ソイル

ソイルは、水槽に使われる底床材で、栄養分を含んだ土を焼き固めたものです。

ソイルを使うことで、水質が安定し、昔に比べると、熱帯魚の飼育や水草の管理が、かなり楽になりました。

 

今回は、「JUN」の「プラチナソイル ブラックタイプ パウダー」を使いました。
ミニ水槽なので、1リットルで十分です。

 

 

ソイルは、洗わずに使います。
ソイルを強い力で洗うと、粒が砕けることがあるためです。

水槽のどの面から見ても、水中フィルターの本体が隠れるように、少しずつ、水槽にソイルを入れていきます。

 

ソイルを入れて、水を張る前の状態です。
表面を平らにならしておきます。

 

水を張る

次に、水槽に水を張ります。

水が入った水槽は、かなりの重量になるので、水を入れる前に、しっかりした台の上に置いてください。

 

水槽用の水

水道水には、消毒用のカルキ(塩素)が若干含まれているので、水道水をそのまま水槽には使えません。

私は、以下の手順で水槽用の水を作っています。

 

まず、良く洗った空のペットボトルに、ダイソーで購入した「麦飯石」と濾材に使用した「サブストラットプロ レギュラー」を入れ、水道を入れます。

 

 

次に、「カルキ抜き剤」でカルキを中和させます。
私は、ダイソーなどの100円ショップで入手可能な、液体タイプのものを使っています。

 

 

この状態で、2~3日、水を汲み置きします。

 

汲み置きした水を、水槽に注いでいきます。

水を注ぐとき、ソイルが舞い上がらないように、ソイルの表面に小さなコップなどを置き、そのコップの中をめがけて、水を入れていくと良いでしょう。

 

水を張った直後は、ソイルの成分で、水が濁ることがあります。
水が澄んで、落ち着くまで、じっくり待ちましょう。

 

一晩、そっとしておいた水槽です。

水は、きれいに澄みました。

 

まとめ

今回は、ミニ水槽にソイルを入れ、水を張りました。

次回は、水を張った水槽に、水草をレイアウトします。

IKEAの花瓶でミニ水槽 水草のレイアウト
IKEAの花瓶でミニ水槽を作ります。 今回は、水槽に水草をレイアウトします。

 

 

 

 

コメント