IKEAの花瓶でミニ水槽 使用器具

日々のコト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

ミニ水槽

桜の季節も過ぎ、初夏の気配を感じる頃になると、無性に熱帯魚を飼いたくなります。

4年前に、一度作ったことがあるミニ水槽を復活させることにしました。

 

単身赴任の私の部屋は広くないので、大きな水槽は置けません。

4年前、ふらっと立ち寄った本屋で見つけた「AQUA LIFE 2014年4月号」で「スマートアクアリウム」が特集されていました。

 

この特集を見たときに、IKEAで見た四角いガラスの花瓶を思い出しました。

「あの花瓶を水槽にしたら、奥行きもないので、洗面台の棚にちょうど乗るな。」

 

この特集を監修されたのは、八王子市にある「吉田観賞魚」さんです。
「吉田観賞魚」さんのホームページは以下。

吉田観賞魚|創業100年 錦鯉・金魚・熱帯魚・メダカ・水槽設置・池の施工|東京八王子
東京八王子 錦鯉・金魚・熱帯魚・メダカ・水槽設置・池の施工

 

また、「加藤水槽」さんの自作水槽の記事にも刺激を受けました。

「加藤水槽」さんのホームページは以下。

加藤水槽では創作物として制作された水槽、水槽用品を掲載しています。
水と生き物だけのシンプルな水槽で、様々な種類の水生生物の育成を可能にしたい。そんな考えから様々なシステムを考え、水槽を制作しています。

 

ちなみに、最近、熱帯魚用品メーカーの「ジェックス株式会社」さんが「加藤水槽」さんとコラボして、「AQUA-U」という小型水槽を発売されました。

AQUA-U 熱帯魚 観賞魚 アクアリウム用品 ジェックス株式会社
新機構の構造をご紹介。レイアウト別のセッティング方法なども掲載しています。

 

 

使用器具

まず最初に、使用器具を説明します。

 

① 花瓶

まずは、水槽になる花瓶です。

「IKEA」の「REKTANGEL 30175220」という花瓶を使っています。
ただし、現在、この花瓶は、販売されていないようです、

 

あくまで花瓶なので、水槽のような強度はありません。
水をいっぱい入れた状態では、ちょっとした衝撃でも、最悪、割れてしまう可能性もなくはありません。
あくまで、自己責任で使ってください。

 

② 水中フィルター

水槽の中に、水中フィルターを入れます。

水中フィルターは、水槽の水を循環しながら、濾過し、水をきれいに保つ役割があります。

 

 

水中フィルターには、「コトブキ工芸」の「ミニボックス120」を使っています。縦にしても、横にしても使えて、IKEAの花瓶のサイズにぴったりです。

 

「ミニボックス120」は、濾材に活性炭とスポンジを使っています。

ただ、この濾材だけではちょっと不安なので、「エーハイム」の「サブストラットプロ レギュラー」を併用します。

 

「サブストラットプロ レギュラー」は、直径5㎜程度のセラミックボールです。

なので、「ミニボックス120」の周りに「サブストラットプロ レギュラー」を入れるためのケースを自作します。

 

このケースは、ダイソーで売っている鉢底ネットをカットして、結束バンドで組み立てて作りました。
“キャラメルの箱を分解した形”にカットして組み立てるイメージです。
大きさは、「ミニボックス120」がすっぽり入って、周りに10mm弱のすき間ができる程度です。

 

自作したケースに、まず、「ミニボックス120」を入れます。

 

すき間に、「サブストラットプロ レギュラー」をぎっしり入れたら、水切りネットで全体を覆い、「サブストラットプロ レギュラー」がこぼれ出ないようにします。

 

③ 水槽のフタ

水槽の上部のフタは、魚が跳ねて飛び出さないように、必ず付けます。

 

 

私は、100円ショップで買ってきた、乳白色のプラスチックかごの網の部分を、水槽の大きさにカットして使っています。

 

 

④ LED照明

水槽の照明は、水槽の中を明るく照らし、熱帯魚をより鮮やかに見せます。
また、水草の光合成にとっても必要です。

 

最近は、LED照明が一般的です。

私は、薄くフラットでスタイリッシュな、「コトブキ工芸」の「フラットLED2032 ブラック」を選びました。

IKEAの花瓶のサイズにもフィットしています。

 

「フラットLED2032 ブラック」は、スイッチで「白色光」と「青色・赤色光」を切り替えることができます。

 

⑤ 水温計

熱帯魚を飼育する際、水温の管理はとても大切です。

このため、水温計は必ず用意しましょう。

 

私は、「ファイブプラン」の「クリスタル水温計 SS」を使っています。
SSサイズは、今回のミニ水槽にピッタリの大きさです。

 

 

⑥ タイマー

決まった時間に、照明をオン/オフするため、タイマーもあると便利です。

 

私は、「REVEX」の「PT50DW」を使用していますが、最近、値段の安い「PT70DW」も発売されています。

 

 

まとめ

今回は、ミニ水槽に使った器具を紹介しました。

次回は、ソイルを入れた後、水を張ります。

IKEAの花瓶でミニ水槽 ソイルを入れ水を張る
IKEAの花瓶でミニ水槽を作ります。 今回は、水槽にソイルを入れ、水を張ります。

 

 

 

 

コメント