Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ディスタンスFL 短く折りたたんで持ち運べて長さ調整もできるトレッキングポール

山歩き
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

Black Diamond ディスタンスFL BD82302

去年のゴールデンウィークに大阪と和歌山の県境の葛城山に登りました。

登りは平気でしたが、下り道で膝に負担がかかり、膝を痛めてしまいました。

「やはり、トレッキングポールがあると楽だな。」

と痛感し、トレッキングポールを探していました。

  • 持ち運ぶときは短く折りたためる。
  • 登り坂と下り坂で、長さを簡単に変えることができる。

という2つのポイントで、「Black Diamond ディスタンスFL BD82302」を購入しました。
 
この記事の後半では、自分の身体にあったトレッキングポールの長さの測り方についても説明していますので、それも参考にしてください。

 

選択のポイント

私の場合、日帰りの山歩きが多く、都内から電車で出かけます。
なので、短く折りたたんで、リュックの横に固定して持ち運べるものを探しました。

あと、2本のストックタイプ(1本のステッキではなく)も条件です。

ネットでいろいろ調べると、今回の「Black Diamond ディスタンスFL」が、自分の選択のポイントにマッチしていました。

早速、Amazonで購入です。 

 

より軽量になった、カーボン製も発売されました。

 

伸ばして使用するとき

DSC02996補正
伸ばして使うときは、こうなります。

 

使用時の長さが調整できる

このトレッキングポールは、折りたためるだけでなく、使用時の長さも調節できます。

  • 登り道では、短め
  • 下り坂では、長め

というように、長さが変えられるのです。

 

登り坂では、ポールの長さを短かめにする。

 

下り坂では、ポールの長さを長めにする。

 

 

DSC03006補正
長さを変えるときは、写真のように、フリックロックを外します。

 

DSC03001補正
ポールには、長さの目安になる目盛りが5cm間隔でついています。

 

この目盛りを参考に、使うときの長さを調節します。
目盛りは5cm間隔ですが、長さは無段階に変えられます。

私は、身長が170cmで、記事の後半で書いた測定法では、ポールの長さは110cmが最適な長さになりました。
なので、105~125cmで長さが変えられるタイプを購入しました。

実際に使ってみての感想ですが、長さ調整ができるのはすごくいいです。
むしろ、必須の機能かもしれません。

山歩きをすると、登りと下りが頻繁に繰り返すときもあり、ついつい、この長さ調整が億劫になって、同じ長さで使ったりもしますが、こまめに長さ調整する方が、結果的には絶対に楽です。

慣れると、2本の長さを調整するのに、20秒かかりません。

 

折りたたんでリュックに固定

DSC03011補正
折りたたむとこうなります。

Zタイプと言われる、折りたたみ構造です。

 

DSC03015補正
付属のケースに入れるとこんな感じに。

 

DSC03021補正
普段のリュックは、karrimorの「eclipse 27」を使っているので、サイドポケットに入れて持ち運んでいます。

 

自分の身体にあったトレッキングポールの長さの測り方

自分の身体に合ったトレッキングポールの長さは、以下のようにして測ります。

  1. 肘を直角に曲げ、平らな場所に立つ。
  2. この状態でトレッキングポールを持つことを想定する。
  3. 床からトレッキングポールの上端の長さ(高さ)を測る。

3.の長さは、誰か別の人にメジャーなどで測ってもらうと楽ですね。

一人の場合でも、あらかじめ壁や柱の横に立ち、壁や柱に目印を見つけ、あとで、その目印から床までの長さを測れば大丈夫です。

ここで測る長さは、以下の図の矢印の長さになります。

 

身体に合ったトレッキングポールの長さの測り方

 

 

ストックの先の必需品

「Black Diamond ディスタンスFL」には、ラバーディップ(ゴム製のストック先)とカーバイドティップ(金属製のストック先)が付属します。
でも、この交換には、工具が必要になります。

なので、このトレッキングポールを購入するときに、ほとんどの人が「カイノス 先ゴム PP07-08」も合わせて購入していると思います。

 

DSC03009補正
カイノス 先ゴム PP07-08」を取り付けた状態です。

 

このゴム先の穴の径と「Black Diamond ディスタンスFL」のストック先の太さがピッタリで、ストック先に差し込んで使います。
トレッキングポールの使用時に抜けることもありません。

アスファルトの道でもトレッキングポールが使えますし、接地面が広くなるので、山道でも安定してストックを突けます。
また、折りたたみの収納にも、じゃまになりません。

ということで、私は、ずっとこのゴム先を付けて使っています。

購入するときは、ストックの本数分、2個を購入します。

 

最近、ブラックダイヤモンドからも純正のティッププロテクターが発売されました。
カイノス製のものを2個買うより安いので、今なら、純正のものがおすすめです。

 
カーボン製のポールと言い、純正のティッププロテクターと言い、ブラックダイヤモンドは、日本市場のニーズを汲み取った、きめ細かいマーケティングをしているようですね。
 
 

 

 

コメント