MERCATO-CONTADINO 農家がプロデュースする野菜専門店で珍しい野菜に出会う

出かけたトコロ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

MERCATO-CONTADINO 自由が丘店

天気の良い年末、正月飾りを探すために自転車で自由が丘に出かけました。

 

 

いろいろな雑貨店を回りながら自転車を走らせていると、交差点の角に八百屋を発見。

 

店先には、美味しそうな太めの人参2本が、なんと99円で売られています。

晩ごはんは、ビーフシチューを作るつもりでいたので、ついでにジャガイモも買って帰ろうと、その人参を手にして店内に入りました。

 

上の写真は、別の日に撮影したので、有機栽培の「はまべに」という人参が199円で売られています。

 

毎日、その日の特売品が店先に並んでいて、写真の馬鈴薯が1パック99円です。

私のように、この特売品のトラップに引っかかって、店の中に足を踏み入れる人は多いのではないでしょうか。

あと、店の入り口で焼いている焼き芋の美味しそうな匂いも、もう一つのトラップです。

 

自社農場で栽培された珍しい野菜

店に入って気づくのは、普段、目にする機会が少ない珍しい野菜が並んでいることです。

 

しかも、自社農場や提携農場で栽培されているとのこと。

こじんまりとした店内ですが、並んでいる珍しい野菜にグイグイ引き込まれ、時間を忘れてしまいます。

 

まず目を引かれたのがケール。
食べたことは、もちろんありません。

店の人に聞くと、サラダで食べられるとのこと。

赤い葉の小さめの白菜のようなラディッキオ プレコーチェという野菜も買って、一緒にサラダにすることにしました。

 

珍しい野菜だけでなく、大根やネギ、ごぼうといった見慣れた野菜も売っています。
また、リンゴやミカンなどの果物もあります。

どれも新鮮で美味しそうです。

 

壁には、生産者の写真やコメントが掲載されていて、農家の方の思いやこだわりが伝わってきます。

MERCATO-CONTADINOさんのホームページはこちら。

農家がプロデュースする野菜専門店 [ MERCATO(メルカート) ]
野菜は農家で「市場の規格」である形状や見た目に従って選別・梱包され、そのランクによって納品先が決定されています。当社は『イタリア&西洋野菜』『ポテト』『スムージ』『サラダ』等、従来の八百屋とは異った専門的で豊富な品種をご紹介する、「野菜の専門店」という新しい販売方法で野菜のマーケットを開拓/拡大します!

 

場所

自由が丘店の場所はこちら。

 

自由が丘店は2号店で、赤坂店もあるみたいです。

 

まとめ

人参、ジャガイモ、ケール、ラディッキオ プレコーチェの4品を買って、税込み728円でした。

スーパーと比べてもお手頃価格ですね。

 

支払いは、クレジットカードや電子マネーも使えて便利です。
私は、楽天Edyで支払いました

 

ケール、ラディッキオ プレコーチェという初めて食べる野菜もサラダで美味しく頂きました。
見た目は固そうなケールでしたが、生のままでむしゃむしゃ食べれますね。

 

皆さんも自由が丘に行く機会があったら、一度店をのぞいてみてください。

店先の特売品はもちろん、こだわりの珍しい野菜を手にしたら、きっと買って食べてみたくなりますよ。

 

 

コメント