超軽量折り畳み焚火台 シンプルな構造なので気軽に焚火ができて調理も楽しめる

山歩き
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

ヒロシのキャンプ道具

サワコの朝にヒロシさんが出演していて、普段使っている焚火台を紹介していました。
軽くて使いやすそうだったので購入しました。

『サワコの朝』9/26日(土) 一人キャンプが話題!! ヒロシが登場!! 【TBS】

 

ピコグリル 398

ネットで調べるとヒロシさんがつかっているのは、「ピコグリル 398」という焚火台でした。
YouTubeの「ヒロシちゃんねる」でも紹介されています。

道具紹介【焚火台 ピコグリル398】

私は、「ピコグリル 398」の類似商品を購入しました。
サイズは、同じA4サイズのものです。

 

焚火台デビュー

東京では、気軽に焚火ができるところがなかなかありません。
新型コロナウイルスの影響もあり、届いた焚火台を使う機会が見つからず、しばらく家に置いていました。

11月半ばですが、今日は1日小春日和で暖かそうなので、新しい焚火台をデビューさせました。

使い方

先に紹介した「ヒロシちゃんねる」の動画を見てもらうとわかりますが、使い方はとても簡単です。

フレームを広げ、その間に火床のステンレスの板をはめ込むだけです。
シンプルな構造なので、あっという間にセッティングできます。

このとき、ステンレスの板で指をケガしないように注意してください。

今回は使いませんでしたが、私が購入した商品は、調理器具や焼き網が置けるスピットが3本付いています。

 

火入れ

燃料は、海岸で拾い集めた木切れです。

大きめの木切れも落ちていたので、長時間焚火が楽しめました。

ステンレス製なので、ステンレス特有のいい色に変色しました。

セッティング同様、片付けも簡単です。

 

まとめ

評判通り、使いやすい焚火台です。
次は、ぜひ、この焚火台で肉を焼きたいです。

軽量コンパクトで持ち運びも楽だし、セッティングや片付けも簡単なので、気軽に焚火を楽しみたい人にはおすすめの焚火台です。

TokyoCamp 焚火台 焚き火台 折りたたみ焚火台 コンパクト 軽量 キャンプ 焚火
Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFE

 

 

コメント