アズーロ コンパクト ボリューム感があり春先から夏を越えて長く咲くおすすめの花

ベランダ園芸
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

アズーロ コンパクト

アズーロ コンパクトは、サントリーフラワーズが開発したロベリアの新品種です。

アズーロコンパクト 花苗|サントリーフラワーズ
アズーロコンパクト(キキョウ科ロベリア属)の商品ページです。人気のスカイブルーをはじめ、やわらかな色調が特長。圧倒的な花密度とふんわり感が楽しめます。

サントリーの苗は、花にしても野菜にしても、他の会社より少し値段が高めですが、後々育てやすいのでおすすめします。

アズーロ コンパクトの苗は、春先になるとホームセンターなどで販売されます。
写真のアズーロ コンパクトは、4月16日に購入したものです。

ゴールデンウイークあたりには、写真のように多くの花が咲き、夏を越え、秋近くまで花が続きます。

 

混色で植えるのがコツ

冒頭の写真のように、混色で植えると、花の色が混じり合って見た目が華やかになります。

単色ではなく、複数の色の花を混ぜて購入しましょう。
昨年は、2色セットの販売もあったのですが、今年は、そのセットが売ってなかったので、色を変えて2つの苗を買いました。

 

アローズコンパクト アップ
小さな花がたくさん咲きます。

 

翌年も咲きます

商品のラベルには、「一年草」と書かれていますが、うまく冬を越せば、翌年も咲きます。

 

1年前のアローズコンパクト
今年、新しい苗を植えるときに、元の鉢に残っていた去年の苗を移植したものです。

もう一色、白色の苗も育てていたのですが、こちらは、冬を越せず、枯れてしまいました。

 

1年前のアローズコンパクト アップ
2年目の苗もたくさんの花が咲きました。

 

まとめ

アズーロ コンパクトは、初心者でも育てやすく、夏越しができる花です。
うまく育てれば、冬を越して、翌年も花が咲きます。

混色で植えると、庭やベランダが、より一層、華やかになります。

お店で苗を見つけたら、是非、育ててみてください。

 

 

コメント