いちご狩り いずみふれあい農の里

出かけたトコロ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

いずみふれあい農の里

昨年、和泉市ふるさと納税の返礼品で、いちご狩りのペアチケットを頂きました。
有効期限が2020年の2月24日までなので、2月8日に予約して、「いずみふれあい農の里」さんへ出かけました。

※ ペアチケットの部分は、ボカしています。

 

今年のいちご狩りのオープン日は2月29日ですが、ふるさと納税をすると、オープン日よりも先に食べられます。

 

「いずみふれあい農の里」さんのホームページはこちら。

 

「いずみふれあい農の里」さんの場所は以下です。

 

バーベキュー広場からは、大阪湾が見えます。

いちご狩り

受付を済ませて、いよいよいちご狩りです。

受付の方の案内で、ヤギのいる原っぱの横のいちごハウスに向かいます。

いずみ小川いちご農園

いちご狩りは、「いずみふれあい農の里」の中にある「いずみ小川いちご農園」さんのハウスで行います。

「いずみ小川いちご農園」さんのホームページはこちら。

 

いちごを栽培しているハウスの様子です。

10時から30分の予約でしたが、この時間帯は、私たち2名のみ。
いちご棚の1列が食べ放題です。

いちごの種類は、入り口側手前が「さがほのか」、奥が「紅ほっぺ」でした。

まずは、大好きな「紅ほっぺ」から。

「うぅ~ん、甘くてジューシーで美味しい」

「紅ほっぺ」を20個ほど食べた後、次は、「さがほのか」です。

「さがほのか」も甘くて美味しいです。

「紅ほっぺ」の方が、少し酸味があるので味が濃く感じますが、「さがほのか」は、酸味が少ない分、どんどん食べられます。

いちごの花も可憐でかわいいです。

いちご棚の下は、こんな感じ。
たくさん、いちごが生っています。

おじさん(多分、このいちご農園のオーナー)が、隣のいちご棚から、「あきひめ」という品種を1つ持ってきて、食べ比べをさせてもらいました。

「紅ほっぺ」「さがほのか」と違い、少し長細い形をしてます。
味の違いもわかります。

最初に「練乳なんかつけずに、そのまま食べた方がいいよ。」と言われたとおり、いちごの甘みと味の違いを堪能できました。

 

プレオープンの期間に、人も少ない中、こんなに甘くて美味しいいちごが食べ放題できるなんて、感激です。

しかも、1人に1つずつ、苺ジャムのお土産もいただきました。

また、来年もふるさと納税します。

アヴニールファーム

いちご狩りが終わった後、馬の姿が見えたので、となりの牧場に寄りました。

女性のスタッフの方に、「中に入って見ていってください。」と言われたので、お言葉に甘えて見学させてもらいます。

聞くと、3月にオープン予定とのこと。
「アヴニールファーム」さんというファームです。

 

ホームページはこちら。

 

人参のエサやりをさせてもらいました。

スタッフのお子さんもエサやりのお手伝い。

たくさんの方が来てくれるといいですね。

まとめ

いちご狩りはできるし、ヤギや馬にも会える「いずみふれあい農の里」さんおすすめです。

暖かくなると、バーベキューもいいですね。

コメント