自由が丘 カタカナ 日本のカッコイイものに出会える「カタカナマルシェ」がいい感じ

出かけたトコロ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

自由が丘 カタカナ

自由が丘にあるカタカナさんは、マリ・クレール通りの1本南側の通りにある、おしゃれな雑貨屋さんです。

コンセプトは、「日本のカッコイイお土産屋さん」だそうです。

katakana - カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)
東京都世田谷区奥沢の自由が丘駅近くにある、セレクトショップのウェブサイト。通信販売も行っています。

 

ここのお店の面白いところは、不定期ですが、店先や店の隣のガレージに、全国から出店がやってくることです。

この出店のこと、「カタカナマルシェ」というらしいです。

 

この記事では、通りがかったときに気になった「カタカナマルシェ」を紹介します。

 

場所

場所はこちら。

 

2016年7月24日の「カタカナマルシェ」

とある夏の夕方に、初めてカタカナさんの前を通りがかったとき、ガレージでかき氷を売っているのを発見。

 

庄内 「柿氷」「だだちゃ豆氷」 

暖簾の、

「庄内 柿氷」

の文字が目に留まりました。

冷たいものを食べたかったので、自転車を停めて、かき氷を食べることにしました。

 

 


「かき氷」と「柿氷」をかけているわけですね。

一生懸命かき氷を作っているのは、その後、ネットで調べてわかった三浦宗平さんという方。

 

メニューは、「柿氷」「だだちゃ豆氷」「ラズベリー氷」の3種類。

「柿氷」と「だだちゃ豆氷」のどちらにするか悩んだ挙句、

 

どっちがおすすめ?

と聞くと、
 

「だだちゃ豆氷」かな。

 
の返事。

 


ということで「だだちゃ豆氷」をオーダーしました。

左半分にかかっている緑色のものは、ずんだ餅をペースト状にしたもの。
右半分は、小豆ですね。

 

店先に置いてある、木のベンチに座って食します。

「どんな味なのかな?」と、恐る恐る口に運ぶと、これが旨い!

ずんだ餅の塩気と小豆の甘さが、かき氷の中でコラボして、それはそれは、絶妙な美味しさなんです。

 

これ美味いね!
後引く美味しさやね。

ありがとうございます。

山形から来てるんですか?

そうです。
土日とかに、東京に出てきて売ってます。

 

かき氷食べながら、世間話をしました。

さっき、店先で「庄内ポップコーン」とか、お菓子も売っているの見かけたので、

 

食品会社されてるんですか?

いえ、違います。

私は、食品メーカーさんと小売店さんをつないで、商品開発みたいなことやってます。

何年やられてるんですか?

もう3年になります。

脱サラされたんですか?

そうです。

当初はいろいろ大変でしたが、最近は商売も回るようになってきました。

私も、今は会社員ですが、昔脱サラして自営業してたことがあるんですよ。

自営業も大変ですが、やりたいことできるんで、楽しいですよね?

はい。

やっぱり、やりがいありますよね。

 

また、「庄内 柿氷」の暖簾を見かけたら、絶対にかき氷食べます。

今度は、「柿氷」にしてみようかな。

 

2017年1月28日の「カタカナマルシェ」

今日は、1月最後の土曜日。
天気も良く、気温も13℃と3月並みということで、自転車で出かけることに。

まだ初詣に行ってなかったので、多摩川沿いの浅間神社と奥沢神社にお参りして、自由が丘に寄り道しました。

 

しまど蜜柑市 「ちっちゃいバージョン」

カタカナさんの前を通ると、美味しそうなミカンが並んでいます。

 


愛媛県の大三島のミカンだそうです。

「西の香」と「温州みかん」と「はるみ」を試食させてもらいました。

どれも、すっごく甘い!

 

6種類が入った「食べくらべセット」に手が伸びそうになりましたが、1,260円だったので、今回はやめときました。

 

写真撮らせてもらっていいですか?

どうぞ。

 

写真写りが良くなるように、奥にあった「食べくらべセット」の袋を1つ、手前に並べ替えてくださいました。

写真を撮ってるときも、毎年の馴染みのお客さんなのか、店のお姉さんと挨拶されてました。

 

今回の「カタカナマルシェ」は、カタカナさんが「しまど蜜柑市」さんに何度もお願いして実現したみたいですよ。

katakana - カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)
東京都世田谷区奥沢の自由が丘駅近くにある、セレクトショップのウェブサイト。通信販売も行っています。

 

選りすぐりの「伊予柑」「ポンカン」「ネーブル」も入っていたみたいなので、買えば良かったかな。

 

2017年3月12日の「カタカナマルシェ」

ホワイトデー直前。
職場の女子用にクッキーの買い出し。

奥沢神社で”おたまじゃくし”を観察した後、自由が丘に自転車を走らせます。

 

吉祥寺hamaya

カタカナの前を通ると、お目当ての焼き菓子が並んでいるではないですか。

自転車を停めて、いつものように写真撮影のお願いです。

 

写真撮らせてもらっていいですか?

どうぞ。

 

今日のマルシェの店主の濱崎さんが、快くOKしてくださいました。

 


クッキーやマドレーヌ、パウンドケーキの焼き菓子と手作りのジャムが並んでいます。

 


クッキーは、2枚で100円。
お買い得です。

手作りの練乳も気になります。

 

今朝、焼いてきたんですよ。

美味しそうですね。

私の小さい自転車を見て、

 

可愛い自転車ですね。
折りたたんで運ぶんですか?

はい。
折りたたむとかなり小さくなるんですが、あまり折りたたんだことないんですよ。

 

自転車の話をしながら、クッキーとマドレーヌと焼きメレンゲを買いました。

 

会計は、中のお店でお願いします。
自転車は、私が見ておきますから。

お願いします。

いつものように、店内のレジで会計を済ませて、

 

じゃあ。
がんばって売ってください。

はい。
がんばります!

ありがとうございました。

 

自由が丘や都立大学のあたりを回って、再度、マルシェの前を通ると、かなりの量が売れていましたよ。

katakana - カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)
東京都世田谷区奥沢の自由が丘駅近くにある、セレクトショップのウェブサイト。通信販売も行っています。

 

 

コメント