皮付きとうもろこしのオーブン焼き 甘みが凝縮して美味しい!

日々のコト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

皮付きとうもろこし

昨日の土曜日、銭湯に入った帰り道、スーパーで1本 100円のスイートコーンを売っていたので、おやつ用に2本買いました。

おやつ用に買ったものの、日曜日の朝、お腹が空いて目が覚めたので、朝ごはん代わりに食べることにします。

 

皮付きのままオーブンで焼く

いつもは、塩ゆでにするのですが、今回は、オーブンで焼きとうもろこしにすることに。

ネットで調べると、「皮付きのまま焼くと美味しい」と書いてあったので、さっそく試してみます。

以下、cookpadに書いてあるとおり、220℃のオーブンで約20分ほど焼きました。

”皮付きとうもろこし”のオーブン焼き by 北海道ファーマー
皮のついたままのとうもろこしをオーブンでじっくり焼きました。旨みが濃縮されます。

 

出来上がり

20分経ってオーブンの扉を開けて見ると、もう少し焼いた方が良さそうだったので、5分延長。

いい感じに焼き上がりました。

 

 

甘みが凝縮

熱いので、注意しながら皮を剥いたら、あとは、丸ごとかぶりつくだけです。

「うぅ~ん、旨い!」

昔、子供の頃、七輪で焼いて食べたとうもろこしをイメージしていたのですが、ちょっと違いました。

焼きとうもろこしというより、皮で中の水分が閉じ込められて、蒸し焼きになっている感じです。

塩ゆでにすると、どうしても水っぽくなりますが、皮付きで焼く方が、とうもろこし自体の甘みがギュッとと凝縮されて、濃厚な味わいです。

2本なんて、ペロリでした。

 

次回からも、皮付きのまま焼きます。

 

 

コメント