坊さんの気絶 フライパン1つでできる今話題の料理

日々のコト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

坊さんの気絶

先週、大阪に帰省したとき、嫁さんが「坊さんの気絶」というトルコ料理を作ってくれました。

これがとっても美味しかったので、東京の単身赴任先でも、自分で作ってみました。

 

今、テレビなどでも話題の料理らしく、ネットで「坊さんの気絶」を検索すると、たくさんのレシピがヒットします。

私は、以下、ALICEYさんのブログのレシピで作りました。

http://www.alicey.jp/article/42321

 

作り方

詳しい作り方は、ALICEYさんのブログを見てもらうとして、手順を簡単に書くと以下の流れになります。

  1. 茄子をフライパンで焼く。
  2. トマトペーストを作る。
  3. トマトペーストを茄子に詰める。
  4. トマトペーストを詰めた茄子を蒸し煮にする。

フライパン1つで作れます。

 

トマトペースト

この料理の味は、トマトペーストで決まります。

私は、ALICEYさんのブログにも書いてあるように、青唐辛子の代わりに、ししとうを使いました。

ちょっとピリ辛にした方が美味しいと思ったので、輪切りの鷹の爪を半房くらいの量、加えました。

あと、味見したら、あっさりの味だったので、トマトケチャップを小さじ1、ウースターソースを小さじ1/2を足しました。

 

生のトマトをペースト状になるまで炒めるので、次回は、トマト缶で作ってみようと思います。

このトマトペースト、余ったら、ご飯やパンに載せて食べても美味しいらしいです。

 

茄子に詰める

トマトペーストができたら、最初に焼いておいた茄子に詰めます。

 


トマトペーストを多めに詰めるのがコツです。

 


トマトペーストを詰め終わった茄子をフライパンに並べ、茄子が半分浸るくらいの水に塩、砂糖、レモン汁を入れます。

 


水が沸騰したら弱火にして、フライパンの蓋を閉じ、水分がほぼ無くなるまで、じっくり蒸し煮にします。

 

冷して食べます

お皿にとり、パセリを振りかけたら出来上がり。

 

冷蔵庫で冷やして、食べる直前にオリーブオイルを少々垂らすと、より美味しいです。

 

名前のとおり、坊さんが気絶するほどの美味しさです。

皆さんも、お試しあれ。

 

 

コメント