ダイソーの炊飯マグ 美味しく食べるための一工夫

見つけたモノ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

炊飯マグ

ダイソーで、電子レンジでご飯が炊ける陶器製の炊飯マグを見つけました。

300円ですが、なかなか良さそうなので迷わず購入です。

 

一合用です。

 

電子レンジでの加熱時間は、500Wで7分と書いてあります。

 

鮭フレークを使った炊き込みご飯の作り方も書いてあります。

 

箱の裏面の記載も載せておきます。

 

箱を開けると、マグの蓋が出てきます。

 

300円とは思えないくらいしっかりしています。

 

ご飯を炊いてみる

さっそく、ご飯を炊いてみます。

今回は、無洗米を使いました。

箱に書いてあるとおりの手順だと、炊き上がりが少しパサパサしていたので、私なりに工夫をして、以下の手順で炊いています。

 

  1.  計量カップで、無洗米150g(普通の米の場合は180g)を計り、マグの中に入れる。
  2. 水でさっと洗い、マグの蓋をうまく使って水を切る。
    (面倒なのでザルは使いません。)
  3. 200mlの水を加えて、30分浸す。
    今回のマグに限らず、30分米を浸すと、美味しく炊けます。
  4. 電子レンジの中に大きめの皿を置き、その中にマグをセットする。
    電子レンジの炊飯は、どうやっても噴きこぼれが発生してしまうので、レンジを汚さないために皿を置きます。
  5. 電子レンジの出力を800Wにして、4分加熱します。
    水が沸騰して、蓋の縁から噴きこぼれる時間に設定してください。
  6. その後、電子レンジの出力を200Wにして、15分加熱します。
  7. 10分ほど蒸らしたら出来上がりです。
    時間がない場合は、蒸らしなしでも大丈夫です。

 

炊き上がり

炊き上がりのマグは熱くなっているので、下に敷いた皿ごとテーブルに持っていきます。

 

噴きこぼれの後が残っています。

 

うぅ~ん、ホカホカに炊き上がっています。

 

茶碗によそって、炊き立てのご飯を

「頂きま~す。」

 

まとめ

単身赴任の身なので、普段はパックご飯ですが、やはり炊きたてのご飯は美味しいです。

ご飯を炊くときは、ガッツリと土鍋で炊いていましたが、食べきれない分をタッパーに詰めて冷凍したり、大きな土鍋は、後片付けも面倒です。

パックご飯に比べると、水に30分浸したり、炊飯時間や蒸らし時間が余計にかかりますが、一合の炊きたてのご飯を食べられるのは嬉しいです。

マグの大きさも手ごろで、場所を取らないので、後片付けも簡単で、洗った後は水切りトレイに置いたままにでき、また、次の機会にさっと取り出して使えます。

何より、300円の値段がいいですね。

 

特に一人暮らしの皆さんは、ダイソーで見かけたら、買って使ってみましょう。

水加減や炊飯時間は、自分のご飯の好みに合わせて、いろいろ工夫してみてください。

 

 

コメント