ガジュマル 琉球グラスでお手軽ハイドロカルチャー

ベランダ園芸
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

ガジュマルのハイドロカルチャー

「SPAMバジル」 空き缶を利用したちょいとおしゃれなハイドロカルチャー
ゴーヤチャンプルーで使った「SPAM」の空き缶とベランダのバジルで、ハイドロカルチャーしてみました。 手元の容器と植物で、簡単にトライできます。

上の記事の「SPAMバジル」に続き、ハイドロカルチャーで育てているガジュマルの紹介です。

 

沖縄料理のおしゃれな飲み屋さんでもらった琉球グラス

琉球グラス

会社の人に、

「クーポンがあるから。」

と連れて行ってもらった、「Hai-Sai 自由が丘」さんは、沖縄料理が楽しめるおしゃれな飲み屋さんです。

 

 昔のテレビ番組「シルシルミシル」で、ADの堀くんが、料理人に、自分が良く行く店の美味しいものをリレー形式で紹介してもらい、その料理を食べ歩くという企画がありました。

この番組で、自由が丘の「鉄板焼 海山」のオーナーシェフが紹介したのが、「Hai-Sai 自由が丘」さんの「塩焼きそば」でした。

たまたま、このテレビを見ていたので、このお店は、前から気になっていました。

 

このお店、泡盛を注文すると、帰りに琉球グラスをくれるというサービスがあって、上の写真のようなグラスがもらえます。

今回紹介するガジュマルのハイドロカルチャーは、そのときもらったグラスを使っています。

グラスは、緑色のものを使いました。

 

ガジュマルは「ダイソー」で購入

なんの植物を育てようかと考えていたとき、「100円ショップ ダイソー」で観葉植物を売っているのを思い出しました。

さっそく行って見つけてきたのが、このガジュマルです。

もう2年近く育てているので、もともとは、もうちょっと小さな木でした。

 

ガジュマル② 今では、こんなに大きくなりました。 

 

作り方

作り方は、基本的に、上の記事で紹介した「SPAMバジル」とほぼ同じです。

グラスの底に「ソフトシリカ ミリオンA」を敷きます。

今回のハイドロカルチャーは、その上に、ダイソーで購入した「ハイドロボール 小粒」を入れ、ガジュマルの根が入る穴を開け、植えこみました。

ダイソーの「ハイドロボール 小粒」は、もう売ってないかもしれません。
土は、ハイドロカルチャー用のものだったら、なんでも構いません。

材料費、約200円です(琉球グラス除く)。

 

育て方

ガジュマルは、ほとんど水をやらなくても大丈夫です。

気が付くと、平気で1か月以上、水やりを忘れていることもあります。
むしろ、水をやりすぎると根が腐って、枯れてしまうみたいです。

窓際に置いていますが、元気に育っています。 手間のかからない、かわいいヤツです。

 

 

 

コメント