インクスタンド ちょっとリッチな気分にさせてくれる文具

日々のコト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

インクスタンド

インクスタンドさんは、東京の蔵前にあるインクの専門店です。
オリジナルの色のインクが量り売りで買えたり、そのインクにあった筆記用具を売っている店です。

5月に両国の「江戸東京博物館」に行った際、両国まで足を延ばしたときに見つけて、ぶらっと立ち寄りました。

インクスタンドさんのホームページはこちら。

 

色をつくる、出会う、

インクスタンドさんのコンセプトは、「色をつくる、出会う、」です。

 

壁の ”標本棚” には、インクスタンドさんが提案するインクとその配合表、インクの色のイメージにあった植物のボトルが展示されています。

 

 

 

インクの量り売り

中央カウンターには、その時々でお店のスタッフが提案するおすすめの色のインクが、ガラス容器に入って並んでいます。

 

ガラス容器に入ったインクは、小瓶に移して量り売りしてくれます。
小瓶の大きさは、33ml、22ml、11mlの3種類があります。

私は、一番小さい小瓶で2色のインクを買いました。

 

筆記用具

インクスタンドさんでは、インクだけでなく、万年筆、ローラーボールペン、ガラスペンなどの筆記用具も購入できます。

 

試し書きをした結果、ペン先が0.5mmのローラーボールペンが気に入ったので、インクと一緒に購入しようとしたところ、残念ながら品切れとのこと。
0.7mmのペン先のローラーボールペンは、在庫がありましたが、せっかくなので、0.5mmのものが入荷するまで待つことにしました。

 

再度の来店

0.5mmのローラーボールペンは、6月に入荷すると聞いていましたが、再度の来店は、9月になりました。

 

開店時間すぐの11時に来たのですが、すでに、お店には数名のお客さんが入っていました。

お目当ての0.5mmローラーボールペンと合わせて、ペン先0.3mmのカラーライナーを買いました。

 

インクを入れてみる

帰宅して、さっそくカラーライナーにインクを入れてみます。

 

今回購入した、インクとペンのセットです。

 

インクは、5月に買っておいた2色。

 

ペンは、ローラーボールペンとラインライナーの2本。

 

インクライナーの中の芯をインクの小瓶に入れて、インクを染み込ませます。

 

なんとも言えない色合いです。

 

まとめ

インクもペンも、ちょっとお高いですが、味のあるインクの色は格別です。
何色かの色を調合して、自分オリジナルの色のインクを作ることもできます。

気持ちをちょっとリッチにしてくれる文具です。

インクスタンドさんのオンラインストアで購入もできるので、気になった方は注文してみてはいかがでしょうか?
プレゼントにもいいかも。

 

 

コメント